個人年金は将来の暮らしの要になります

国民年金の将来性が疑問視されている現在、将来の年金制度は、国民年金と個人年金との併用が望ましいといわれています。受給額だけで考えますと、個人年金の方が支払い金額が高くなるプランも多く、個人年金への加入は将来への投資だと考えている人もいるほどです。

個人年金なのですが、国民年金に比べまして安定性やリスクに問題があると考えている人もいるでしょう。しかし国民年金の支払いは国民の義務ですので、比べて選ぶという考え方はナンセンスだと思われます。個人年金とはあくまで国民年金の補助でしかないと考えるべきです。

しかしその補助が本体を上回っているというのが、今の国政の現状です。国民年金の説明を紹介しているところを覗いてみますと、国民年金の経営は国だから倒産しない、といった紹介文を見かけます。しかし万が一、少子高齢化の影響で国民年金が取りやめとなった場合、個人年金に加入していない人の生活はどうなってしまうでしょうか。

そうならない為に政府は必死で金策を考えていますが、年々受給額を下げているのが現状です。国民年金がどうなってしまうかはともかく、将来の暮らしのことを考えますと、国民年金だけでなく個人年金の加入を考えるべきだと思います。

This entry was posted in 保険情報. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>