資産運用セミナーに参加しよう!

資産運用のためのセミナーというのは人によって大きく違うものです。というのもやはり同じ講義であってもためになると感じる人もいれば、そうでない人もいることになりまs。
ためになると感じる人であれば満足度というのは非常に高くなりますが、あまりためにならなかったと感じてしまった場合、満足度は当然低くなってしまうでしょう。

そのため、セミナーというのはある程度参加をしてみないとわからない点があると言えるでしょう。
評判が良いセミナーでもあまりためにならないこともあります。
そのためセミナーの内容を具体的にしてくれている人、そして料金とのバランスが取れているセミナーに参加をしていく必要があります。

セミナーの内容と言うのも個性が出てくるため、自分にあった個性の人であるとなおさら良いでしょう。
また人によっては偏見などが多く出てきてしまうこともあるため、そのような時には客観的な姿勢を持っておくべきであると言えます。

客観的な姿勢をもってさえいれば、セミナーの意見に飲み込まれず、自分でしっかりと判断し資産運用をしていくことができると言えるでしょう。
自分で考えて行動をしていくことが、資産運用ではとても大切なことになっていきます。

セミナーへの参加はもちろん有意義なことではありますが、日々の情報収集もとても大切です。特に経験豊富なプロの見解、考え方は非常に参考になるし勉強になると思います。ここではかつて「伝説のトレーダー」と呼ばれていた人物に関するコラムをご紹介します。
『迫りくる日本経済の崩壊』の著者 藤巻健史参議院議員
日本のハイパーインフレや超円安の可能性を訴えており、資産運用の際にはぜひ参考にして頂きたいと思います。

Posted in 投資全般 | Leave a comment

確定拠出年金についての投資知識

確定拠出年金について興味を持っている、利用をする必要がある場合、確定拠出年金自体の仕組みや、制度についてもしっかりと知っておく必要があります。
しかし、それ以外にも投資について知っておく必要もあります。投資の方法や仕組みを知ることができないと、それは投資での失敗につながってしまい、直接年金額の現象につながってしまうと言えます。

そのため投資について勉強していく、教育をしていく必要があります。勉強、教育について積極的になる必要があり、それについて時間を割いておく必要もあります。
そのため、プライベートの時間を削られてしまうことも当然あると言えるでしょう。このような点についてしっかり理解を示しておく必要があるでしょう。

通常の投資とも違うため、確定拠出年金の知識と投資の知識を照らし合わせて、的確に把握していく必要があると言えます。
投資について興味を持てない、あまり関心がないというのは大きなリスクを背負ってしまうことになります。
背負ってしまうことになれば、確定拠出年金にいくら理解があったとしても、それを活かしきることはできなくなってしまうでしょう。
知らなければいけないことが多くあり、それらを知っていく覚悟をしっかりと持っておく必要があります。

投資・金融について知識・理解を深めるには専門家等の意見・発言が参考になります。
金融業界で注目の経営者が自身の考えを発信するSNSはこちら
こちらはその1例ですが、最新のトレンド、時代の潮流を掴むのに適しています。

Posted in 投資全般 | Leave a comment

個人年金ってリスクはないの?

個人年金はとても素晴らしい考え方ではありますが、そこにリスクはないのか。これは誰もが不安に思っている部分かもしれません。確かに、リスクがあるのであれば敬遠したいと考える人がいてもおかしな話ではないのですが、リスクの有無は結局のところ、個人次第という事になります。むしろ方法です。個人年金と言っても様々な方法があります。投資のような方法でと考えているのであれば個人年金は多少のリスクも生じてしまうものですが、貯蓄程度であればリスクとなるような事もありません。そのため、リスクという点で考えた時、結局「個人年金」というよりもその手法によって異なってくると考えるべきなのです。

貯蓄にはリスクはありませんが、投資にはリスクがあります。これは個人年金に限った話しではありません。そして、個人年金をどのような方法で捻出するかによって、その点が変わってくるのですから、リスクの有無は、「個人年金」にではなく、どのような方法で行うかによって異なってくるものなのです。この点をしっかりと踏まえておけば、個人年金がリスクのあるものなのかどうかは議論される部分ではなく、どのような方法で財形貯蓄に励むかでリスクが変化すると解るはずです。

Posted in ビジネス | Leave a comment

個人年金は将来の暮らしの要になります

国民年金の将来性が疑問視されている現在、将来の年金制度は、国民年金と個人年金との併用が望ましいといわれています。受給額だけで考えますと、個人年金の方が支払い金額が高くなるプランも多く、個人年金への加入は将来への投資だと考えている人もいるほどです。

個人年金なのですが、国民年金に比べまして安定性やリスクに問題があると考えている人もいるでしょう。しかし国民年金の支払いは国民の義務ですので、比べて選ぶという考え方はナンセンスだと思われます。個人年金とはあくまで国民年金の補助でしかないと考えるべきです。

しかしその補助が本体を上回っているというのが、今の国政の現状です。国民年金の説明を紹介しているところを覗いてみますと、国民年金の経営は国だから倒産しない、といった紹介文を見かけます。しかし万が一、少子高齢化の影響で国民年金が取りやめとなった場合、個人年金に加入していない人の生活はどうなってしまうでしょうか。

そうならない為に政府は必死で金策を考えていますが、年々受給額を下げているのが現状です。国民年金がどうなってしまうかはともかく、将来の暮らしのことを考えますと、国民年金だけでなく個人年金の加入を考えるべきだと思います。

Posted in 保険情報 | Leave a comment

お金を上手に積立しよう!

お金といい関係を保てるのは、意外と難しいですよね。お金がいったんなくなると、どんどんゆきだるま式にお金が減っていきますよ。しかし、手元にあるとついつい使ってしまいます。現在の生活をしながら、将来のための蓄えも必要ですよね。

自分の好きなように生活をしていても、年月は容赦なくすぎていきます。気がつけば定年を迎え、蓄えもまったくないという事態にならないように、今から少しづつ貯金することが大切です。しかし、自分で貯めるのが難しいという人も少なくないと思います。今では、様々な積立プランがあるので、自分のライフスタイルに合わせた内容を選ぶといいですよ。

厚生年金基金が廃止の方向へ進む中、老後の生活は、ますます先の見えない状態になっています。老後に必要な資金は3000万円。1億円あれば、かなり余裕のある生活ができると言われる時代、早い段階から老後の積立をしていきたいものですね。自分が思い描く老後の生活を実現するためにも、お金を見方につけて、大切なパートナーをはじめ家族と幸せな時間を過ごしていけるようにしましょう。

思い描く幸せをもたらしてくれる積立について、是非この機会に調べて、理想の生活を手に入れてくださいね!

Posted in 投資全般 | Leave a comment

国民年金の不足分を補う

国民年金なのですが、毎月の支払いを嫌がっている人も存在しています。それでも毎月の支払いに比べて支給される金額はかなり多く、一生涯支給されるものですので快く支払って欲しいと思います。ただし、いくら支払い金額に対する支給額の割合が多いといいましても、定年後の毎月の生活費をこれだけでやりくりするのはかなりの生活苦を強いられることになるかと思います。

国民年金の支給額は毎月8万円程度と現在ではなっています。これだけで生活をしていくには貯金をだいぶ貯めこんでおく必要があるのですが、貯金をするくらいであれば個人年金に加入しておく事をお勧めします。個人年金も国民年金と同じく、定年後に決められた金額のお金が支給される仕組みの制度ですので、余裕があれば加入をするべきなのです。

国民年金は掛け金の上乗せというものができません。もっと多く年金を貰いたいと思っても、それが出来る制度ではないのです。ですので個人年金といった民間の年金に加入しまして、将来の国民年金の受給額を補っていく必要があるのです。支払いについては、保険会社が豊富なプランを用意してくれていますので、家計の負担にならない程度ものを選択すると良いでしょう。

Posted in 保険情報 | Leave a comment

老後の資金はコツコツと

子どものころ、コツコツとお小遣い帳をつけていたという人も多いことでしょう。月々のお小遣いをもらうのは大体小学校高学年からですよね。だいたい3000~6000円を平均として月々のお小遣いを決めて、そこから自分の好きなものを買っていたりしていましたよね。

このお小遣い帳をつけるというのは、お金と良い関係をつくるために子どものころからクセをつけておくのにぴったりです。お金には、流れがあり、お金を何につかったのかというのをしるということは、お金全体の流れを知ることに繋がります。このクセがついているだけで、どんなに大きなお金と付き合う場合でも、良い関係をたもつことができます。

そして、このクセは老後にとてもいい結果をもたらします。老後資金というのは、だいたい決まっていて、その額の中で老後の生活を送っていきます。現役の労働世代の場合は、多くの収入が見込まれますが、老後はそうはいきませんよね。日々の生活のちょっとしたお金に対する考えかたひとつで、節約にも繋がります。

少ない老後資金の中でどのようにして、生活をしていくかを今からシュミレーションしておくことも、いざというとき慌てなく手済む方法かもしれませんね。

日本の将来を支えていくのは高い志を持った起業家の存在です。
東京大学新聞Onlineがお届けする東大卒経営者のメッセージ
成熟社会の日本の現状についても触れています。

Posted in 老後の暮らし | Leave a comment

年金の仕組みを把握しよう

老後に安定した生活をしていくためにはいろいろとお金が必要です。公的年金を積み立てていれば、老後には年金が支給されるようになります。一昔前までは老後の生活費の柱となっていた公的年金。しかし、今では若い人の口からは「どうせ年金なんてもらえないでしょ」という言葉ばかり。

日本国民全員に加入が義務づけられている国民年金。日本国内に住む、20歳~60歳のすべての人が加入し、25年間払い続ければ、65歳から年金を受け取ることができます。日本の公的年金の制度は国民年金、厚生年金、共済年金があり、どの年金に加入するかは働き方によって異なります。ちなみにサラリーマンやOLは国民年金と厚生年金に加入することになります。年金支給時には両方から年金が支給されるので、国民年金からしか年金がもらえない人よりは多くの金額を得る子おtができるのです。

年金を支払っていれば必ず支給されます。ただし、今後は年金支給開始時期がもっと遅くなることや、年金支給額も減額されていくことが予想されますが。年金の支給がゼロ円ということはありません。公的年金だけで老後の生活をまかなうことは問亭無理がありますので、老後の生活費を若いうちから貯蓄していくことが必要ですね。

Posted in 社会 | Leave a comment

銀行預金のメリットとデメリット

積立というのは、どうにも日本人の性にあったものだといえるでしょう。コツコツ堅実に、というのが好きだという人も多いのではないでしょうか。そのため、多くの人が毎月決まった金額を預金する積立預金というものを行っているのではないかと思います。

ただ、恐らく多くの人が特に何も考えずに預金という方法を積立の対象として利用しているのではないでしょうか。銀行預金にはメリットがある反面で、実はデメリットがある、ということについてまず知っておいていただきたいと思います。

銀行預金のメリットは、安全性が高いということです。安定した運用を行っているために、元金割れを起こす可能性というのはありません。もし運用に失敗したとしても、口座においては自動的に補填が行なわれるためにそういう心配は顧客には関係ないのです。

しかし、元金が失われてしまう可能性が一つ存在しています。それは、口座のある銀行自体が倒産してしまった場合です。銀行というのはあくまでも企業の一種ですから、場合によっては倒産の可能性があります。そうなった時、預けているお金はペイオフの範囲を除いて保護されないため、元金割れを起こす可能性も有るのです。さらに、利率も低いのがデメリットです。

Posted in 投資全般 | Leave a comment

お金の上手な増やし方を知って将来に備えよう

誰しもが将来に備えてお金を上手に運用して増やしていきたいと考えることと思います。しかし、定年を迎える65歳以降、豊かな生活を送ると考えると、1億円は必要と言われています。それまでに住宅を購入したり、車を買ったり、養育費を捻出したりまとまった費用が捻出されることでしょう。それを考えると働いて得た収入だけで老後の生活費を貯めていこうと考えるのは少々非現実的な話になります。

実際にバブルがはじけてからというものの、なかなか生活が楽になると感じることは皆無に等しくなっています。生活が楽になるどころか、社会保障費の問題や借金残高が増えるという状況で将来に対して不安が大きくなる方の方が多いのが現実です。

そのような不安を払拭するために、みなさん資産形成をしています。お金の上手な増やし方を知っておかねばなりません。
資産形成をよく考えて、今あるお金を効率的に増やすためには、すぐに運用に取り組むべきです。若い内に投資を行うことで複利の効果で利益はどんどん右肩上がりで上がっていきます。

逆に現状、まったくお金がなく、増やしていくのであれば、貯蓄できる体制作りからはじめなければなりません。まずは収入を増やすために副業を始めてみたり、日頃の消費を見直して、支出を減らす仕組みを作るところからはじめましょう。
オススメサイトventryから注目コンテンツをご紹介します。
今話題のアブラハムグループ創業者のインタビューをぜひご一読ください。

Posted in 投資全般 | Leave a comment